記者は36歳という年齢を迎えたのですが、周りを見ると人生悲喜こもごもです。独身者(記者含む)がいつつ、同世代にはバツ2もいる。堅実な人生を歩みマイホームを建てた者もいれば、いまだフリーター生活を送るタイプもいる。そんな中、自分の立ち位置はどの辺りなのだろう? 自分で自分を客観視できるほど、私は成長できていません。
……この状況って、もしかしたら絶好時なのかもしれない。何がって「人生ゲーム」で遊ぶタイミングの。

そんな私に、朗報! タカラトミーは9月18日に「人生ゲーム」の新作を発表しました。その名は『人生ゲーム獄辛』(希望小売価格:税抜き3,800円)。
55作目の「人生ゲーム」が時代を反映し過ぎて、妙に辛い件
何事も一筋縄にはいかない現代が反映された『人生ゲーム獄辛』。

よくわからない人に説明しましょう。『人生ゲーム』の初代ヴァージョンが1968年に登場して以来、今まで「人生ゲーム」のリニューアルは繰り返され続けてきました。ちなみに今回の『人生ゲーム獄辛』は、なんと通算55作目! 前作(54作目)の『人生ゲーム ダイナミックドリーム』は今年4月に発売されているので、わずか5カ月で新作登場という忙しなさ。現代のスピード感が反映されていると言ったら、うがち過ぎでしょうか?

ところで、この「人生ゲーム」シリーズをコレクションしてる人とか、もしかしているのでしょうか?
「コレクターの方は恐らくいらっしゃるとは思うのですが、特に『この人!』と特定することは難しいです……。あっ、乃木坂46の高山一実さんは大の人生ゲーム好きと何度かテレビでおっしゃってくださっているようです。ただ、全作お持ちかどうかは不明です」(担当者)