bit

マンネリ化したパンケーキ界に告ぐ、見よ、これが日本じゃ!!



でもそんなどら焼き、実は西洋のホットケーキの影響から考案されたのだという。現在のような2枚の生地が合わさったスタイルは、江戸時代には存在しなかったそうで、江戸時代のどら焼きは皮が1枚だったようだ。

丸い生地の端をおりたたみ、四角い形状にしたもので、なかのあんこは片面からむき出された状態だったのだとか。この形状から現在のかたちになったのは大正3年(1914)、上野之和菓子屋である「うさぎや」さんがきっかけ。

そんな歴史を感じながら、古都・京都で和洋折衷の「どら焼きパンケーキ」をご賞味していただきたい。
(はなふさ ゆう)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月8日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。