review

「この後にもっと恐い“イバラの道”が待っている」キングオブコント2014観戦レポ

「この後にもっと恐い“イバラの道”が待っている」キングオブコント2014観戦レポ
ギリギリ、売れた!
以前、ある放送作家から「ネタっていうのは“名刺”代わりで、面白いのは当たり前。知ってもらった後からが本当の勝負」と聞かされたことがあります。
う~ん、「我が意を得たり」かも。テレビ観る側も、ネタ自体をそこまで参考にしてない現状が、もはやあり。「俺はネタで上がってきた人間じゃない」と頻繁に口にする有吉弘行氏からはコンプレックスが窺えるものの、何やかんやで人の印象点に最も作用するのは“トーク力”なのかもしれません。
とは言え、世に出るために最も重視すべきは、やはり「ネタ」なわけで。いや、まさに芸人の世界は“ゴールのないマラソン”だな……。

昨日開催された『キングオブコント2014』、取材へ行ってまいりました。笑いを競技化する風潮も一段落したかと思いきや、まだまだこのイベントは健在。それどころか「M-1グランプリ」も復活するそうだし。
オープニングで現れたのは、前回覇者「かもめんたる」。「俺らはコントは面白いんですよ!」なんて叫び、“ゴールのないマラソン”を再確認させられましたよ。過酷過ぎて、正気の沙汰じゃない世界だよな……。

というわけで総勢10組が出場した決勝大会、内容と結果は昨日生中継された通りです。皆さんの中でも、色々あるでしょう。「妥当な結果に落ち着いた」という声もあれば「アイツらの方が面白かった!」という声もあり。それらを含めての賞レースなのですが、「なかなか今年はレベルが高いですねぇ」という松本人志のセリフはちょっと耳に残ったかも。

あわせて読みたい

  • こんな漫才が通じるわけがないと思ってました。THE MANZAI王者ハマカーンに聞く1

    こんな漫才が通じるわけがないと思ってました。THE MANZAI王者ハマカーンに聞く1

  • 一番「ダメだな」って思ってたのが土屋だった「ナイツ」塙宣之に聞く1

    一番「ダメだな」って思ってたのが土屋だった「ナイツ」塙宣之に聞く1

  • M-1優勝もアンラッキー?骨折、貧乏、相方。NON STYLE石田明の『万歳アンラッキー』

    M-1優勝もアンラッキー?骨折、貧乏、相方。NON STYLE石田明の『万歳アンラッキー』

  • 食後に他人にガムを配れるか? 文系芸人たちの『東京ポッド許可局』

    食後に他人にガムを配れるか? 文系芸人たちの『東京ポッド許可局』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年10月14日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース