review

長蛇の列。京都「鳥獣戯画展」を確実に楽しむための6つのポイント

長蛇の列。京都「鳥獣戯画展」を確実に楽しむための6つのポイント
京都東山七条 京都国立博物館 国宝鳥獣戯画と高山寺<br />11月24日まで
秋、そろそろ紅葉の季節です。京都は11月の見頃に向けて、観光客が続々訪れているもよう。
今年の京都旅行の楽しみのひとつに「鳥獣戯画」展は必須でしょう。
日本の漫画の原点とされる平安時代の作品で、兎や蛙が擬人化され、相撲をとったり弓を射ったり、コミカルな動きをしている絵が墨で描かれた絵巻物。
高畑勲監督の「かぐや姫の物語」のあの絵の感じも、元をただせば、この絵巻に当たるのではないでしょうか。

歴史ある鳥獣戯画が、4年もの長い間、修復作業されて、甲乙丙丁の4部作がすべて公開されるというビッグイベントとあって、京都国立博物館 明治古都館にて10月7日から開催され、連日、長蛇の列。
わたくし、三連休明けの平日の午後イチで行ったところ、70分待ちでした。
さんざん並んだ後に出会う「鳥獣戯画」の原画の数々は、印刷物で見るもの以上に、躍動感に溢れ、墨の濃淡や筆のタッチの強弱までこの目で確かめられ、心が沸き立ちます。

せっかくですから、めいっぱい楽しみたい。ここでは、「鳥獣戯画」展を楽しむための心得を書いてみたいと思います。

その1  長く並ぶのを覚悟しよう。

さきほども書きましたが、並びます。オープンしたての3連休などは2時間待ちだったとか。平日の午前中、9時30分の開館と同時に突入するのが狙い目のようですよ。
向いにあるハイアットリージェンシー京都に泊まったら、朝イチも楽々ですね。

Twitterの公式アカウントで @chojugiga_ten  混雑状況がわかるので、チェックしましょう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「擬人化 + アニメ」のおすすめ記事

「擬人化 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「擬人化 + アプリ」のおすすめ記事

「擬人化 + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月21日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 擬人化 アニメ
  2. 擬人化 アプリ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。