review

国連が悲鳴。12月、人類はエボラに負けるのか

国連が悲鳴。12月、人類はエボラに負けるのか
現在のところ全人類の最大の敵、エボラウイルスの姿です。
国連がエボラ出血熱に対して「いままでのところは我々の完敗だ」「あと60日間で対処できなければ感染は止まらない」「そうなったら人類は未曾有の危機に直面する」とコメントし、その悲観的な内容が話題になった。

どうすれば勝てるのか? 感染者の70%を療養施設に収容し、死亡者の70%を二次感染無しに埋葬することが必要で、そのためには感染拡大の現場で複雑な対策が必要となり、「そのうち一つでも失敗したら我々は敗北する」と語った。なんだかとっても厳しそうである。

しかし、やたらと恐ろしさが喧伝されているエボラ出血熱も感染症。要するに感染できないように隔離してしまえば勝てるはずだ。どう隔離するか。三つのレベルがある。細胞、人、地域だ。

・細胞
たとえエボラウイルスを吸い込んだとしても、ウイルスを細胞から隔離しておければ増殖できずに人体が勝つ。ウイルスが細胞にとりつくのをジャマするのがワクチンや血清だ(仕組みはこの記事の「Are there drugs to treat or prevent Ebola? 」にある模式図がわかりやすい)。

乱暴にいえば完璧なワクチンが全員分あれば、人間様の完全勝利である。しかし現在ではエボラに対して効果が保証されたワクチンも血清も無い。8月に感染したアメリカ人男女に使用されて、患者が快方に向かったZMappなど有望な薬もあるものの、今はまだ臨床試験中で間に合わない。だから、ウイルスの侵入を許さない装備が必要になる。

あわせて読みたい

  • 世界は終わると首相が言った。マヤ文明の暦が終わる2012年12月21日の真実

    世界は終わると首相が言った。マヤ文明の暦が終わる2012年12月21日の真実

  • 日本の「火葬」が直面する壁

    日本の「火葬」が直面する壁

  • 銃乱射事件で注目。世界の終わりに備える300万人「プレッパーズ」とは

    銃乱射事件で注目。世界の終わりに備える300万人「プレッパーズ」とは

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月24日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら