bit

クリエイティブな味が印象的! 波が来つつあるイギリスのチョコレート事情

英国人はチョコレートが好きだ。英国内で消費されるチョコレートは約55万トンで、1人当たりの消費量(8.7kg)はフランス(6.6kg)より多い。日本(1.9kg)と比べても、英国人は約4.6倍食べている(日本チョコレート・ココア協会調べ)。しかし英国のチョコレートに対するイメージは、フランスやベルギーに比べてはっきりと思い描けないというのが、一般的な感想だろう。

ところが近年、英国のチョコレートは新しい時代を迎えている。才能あふれるショコラティエも活躍している。今、英国のチョコレート事情は、どう動いているだろうか? 10月17日から19日の3日間、市内オリンピアの展示会会場で開かれ、今年で2年目を迎えた「チョコレートショー・ロンドン」に行ってきた。
クリエイティブな味が印象的! 波が来つつあるイギリスのチョコレート事情

会場内では、各ブースでの販売やテイスティングの他に、チョコレートをテーマにしたファッションショーや、チョコレートを使った料理教室などが開かれている。そんな中、「品質にこだわったコーヒーを出すカフェが英国でも流行っているように、選び抜かれた素材を使ったクオリティの高いチョコレートを求める人が、英国内で確実に増えている」と語るのは、英国でチョコレートバーの販売やテイスティングコースを主催する会社ココアランナーズだ。

チョコレートの楽しみ方はワインと同じである。原料となるカカオの生産地、比率、磨砕・精練過程の違いにより、同じカカオから作られたものでも、作り手によりまったく異なる味わいが生まれる。味はもちろん、色、香りなど五感を使い堪能する。そのチョコレートの奥深さに惹かれる人が年々英国でも増えているのだという。

あわせて読みたい

  • ロンドンがついにパリを抜く! どちらが世界でもっとも魅力的な街か?

    ロンドンがついにパリを抜く! どちらが世界でもっとも魅力的な街か?

  • 英チェルシーで明治チェルシーを食べてみた

    英チェルシーで明治チェルシーを食べてみた

  • コネタの記事をもっと見る 2014年10月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら