review

恐ろしいカジュアル化の実態『脱法ドラッグの罠』

恐ろしいカジュアル化の実態『脱法ドラッグの罠』
『脱法ドラッグの罠』森鷹久/イースト新書<br />なぜ法規制に効果がないのか?(帯裏より)
合法ハーブ、脱法ドラッグ、危険ドラッグと次々と名称が変わった。
で、結局、それは何なの? 
と疑問だったので『脱法ドラッグの罠』を読んでみた。
著者は森鷹久。三年半の取材を費やして本書を記した。

『脱法ドラッグの罠』は、全六章。
第一章 起きるべくして起きた「事件」
第二章 脱法ハーブとは何か
第三章 ルポ・製造工場潜入
第四章 「脱法」を許容した果てに
第五章 誰が脱法ハーブに手を出すのか
終章  脱法からの脱却法

まず、脱法ドラッグは、葉そのものには幻覚作用をもたらす成分は含有されていない。
自然由来ではないのだ。
ケミカルなドラッグだ。
乾燥させた葉っぱを刻み、そこに後から化学物質を混ぜ込んだものなのである。
“脱法ハーブに含まれる人体に何かしらの影響を与える化学成分が規制されると、その化学式を少しだけ変化させ“似て非なるまったく別の物質”として代用するという事を繰り返してきた”。
違法薬物として指定するタイムラグのあいだに売り抜ける。指定されたら、少し変えて「違うモノ」にしてしまう。
いたちごっこなのだ。
脱法ハーブの恐ろしいところは、ここだ。
副作用がどうでるかわからない。治療法がわからない。データが蓄えられないからだ。
薬事法が改正され、似た薬物を一緒に取り締まる包括指定ができるようになると、ドラッグは、さらに大きく手を加えられる。
“いたちごっこを繰り返すうちに、脱法ハーブはどんどん得体のしれない物になった。まるで日々成長を続けるモンスターだ”

あわせて読みたい

  • お役所の文章は何故わかりにくいのか

    お役所の文章は何故わかりにくいのか

  • アイスバケツチャレンジと不幸の手紙と

    アイスバケツチャレンジと不幸の手紙と

  • ストーカーの「好き」と恋愛の「好き」は、心理学では全く違う感情である

    ストーカーの「好き」と恋愛の「好き」は、心理学では全く違う感情である

  • このままマスコミは死ぬのか。プライドを賭けて戦う「ニュースルーム」古舘さん、頼むから観て

    このままマスコミは死ぬのか。プライドを賭けて戦う「ニュースルーム」古舘さん、頼むから観て

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら