review

京都がくっきりと体験できる小説『きょうのできごと』と一生つきあいたい

       
2014年夏の芥川賞は、柴崎友香の『春の庭』(文藝春秋)だった。
そして芥川賞受賞第一作として9月に刊行されたのが、『きょうのできごと、十年後』(河出書房新社)だ。偶然にも、単行本デビュー作『きょうのできごと』(2000年、のち河出文庫Kindleはこちら)の続篇ということになる。

いま単行本デビュー作という聞き慣れない言いかたをした。『きょうのできごと』は長篇小説なのだけど、その成り立ちは、1999年に独立した短篇小説として書かれた、ほんとうの意味でのデビュー作「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」と、その続篇群4篇(うち1篇はやはり独立した短篇小説として雑誌に掲載された)から成っている。

行定勲監督による映画化には伊藤歩、田中麗奈、妻夫木聡らが出演した。出演者たち8名がが被写体となった写真集『もうひとつの、きょうのできごと』(河出書房新社)では森山大道ら4人の写真家が撮影を担当、柴崎友香もスピンオフ短篇を寄稿した。この短篇は『きょうのできごと』文庫化にさいし最終章として収録された。

『きょうのできごと』は、同じ日、同じ時間を同じ場所ですごした複数の登場人物のひとりひとりを語り手にして、その同じ日のできごとをリレー式に語らせている。語りを担当する時間は少しずつずれているし、章の順番は必ずしも時間順ではない。
 語り手は五人の若者──けいと、その幼馴染の中沢、中沢の恋人・真紀、かわち、正道。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月31日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。