茨城県水戸市にある千波湖のほとりで、切り取られた男性の身体の一部が発見された。死因は絞殺。身元を隠そうとしたのか、遺体は酸で焼かれた状態だった。その後、遺留品として回収された手拭いの切れ端が、東京下町の旅館で使用されているものと判明。捜査は東京におよぶ──。

写真家・渡部雄吉(1929−1993)のドキュメント写真集『張り込み日記』は、昭和33年にじっさいに起こった、通称「茨城県下バラバラ殺人事件」を捜査する2人の刑事に約20日間同行して撮影されたものだ。神保町でイギリスの古書店バイヤーによってオリジナルプリントが発見されたことをきっかけに、まず、2011年にフランス版が刊行されたのち、2013年にはroshin booksより日本版も出て、ともに話題を集めた。そして、今回紹介するナナロク社版(2014年)は、構成・文に作家の乙一、アート・ディレクターにブックデザイナーの祖父江慎とcozfish(祖父江の事務所)の柴田慧を迎え作られた、いわば再編集版である。

今回この写真集を取り上げたのは、ミステリ小説を読んでいる時のように興奮して、時間を忘れ、どっぷりその世界にハマり込んでしまったから……なのだが、それだけではない。私事で恐縮だが、遺体の遺棄現場である千波湖は、じつは私の実家の近所なのだ。中学のマラソン大会では湖の外周を走ったし、お約束のスワンボートにも乗ったことがある。あるいは、アヒルに餌やりをして噛まれた、公衆トイレで痴漢に出くわしたといったトラウマ系の思い出もたくさんあり、要するに、たいへんなじみ深い場所なのである。周辺には、日本三大庭園の1つである偕楽園や、レストラン、美術館があり、人通りも多い。つまり、現在においては、陰惨な殺人事件の死体遺棄場所としてイメージしづらい、開けた場所なのだ。冒頭を飾る、荒涼とした千波湖付近を写したとおぼしき写真を眺めていると、記憶の中の勝手知ったる風景が、見慣れぬ風景に浸食されていくような、奇妙な感覚に襲われる。