review

オタク能年玲奈も女装菅田将暉も二次元。映画「海月姫」は「三次元の人間が演じるアニメ」だ

オタク能年玲奈も女装菅田将暉も二次元。映画「海月姫」は「三次元の人間が演じるアニメ」だ
能年玲奈主演の映画「海月姫」。原作は東村アキコの少女漫画。オタクオーラ全開の能年玲奈や、女装が似合いすぎる菅田将暉が楽しめる。
12月27日から公開している映画「海月姫」。東村アキコ原作、ノイタミナでアニメにもなった人気漫画が、能年玲奈主演で映画化された。

クラゲを愛するオタク女・倉下月海(能年玲奈)は、男子禁制のアパート「天水館」に住んでいる。アパートの住人たちはみな女オタク。鉄道オタクのばんばさん(池脇千鶴)、三国志オタクのまやや(太田莉菜)、和物&和人形オタクの千絵子(アジアン馬場園梓)、枯れたオジさまオタクのジジ様(篠原ともえ)、そして姿を現さない超人気BL漫画家の目白樹音先生……。
天水館の住人達は、「男を必要としない人生」を送る尼さんのような自分たちを称して「尼〜ず」。男っ気のない楽しいオタク生活を楽しんでいる。
ある日いつものように近所の店にクラゲを見に行った月海は、オシャレな美女に助けてもらい、天水館に泊めることに。ところがその美女は、実は男! 女装美青年の蔵之介(菅田将暉)との出会いは、月海を少しずつ変えていく……。蔵乃介の兄の修(長谷川博己)に人生初めてのトキメキを覚え、水族館で初デートをしたりする。
ところが、再開発の影響で天水館がなくなってしまうことに。現実逃避をする尼〜ずたちは、この絶体絶命の危機を乗り越えることができるのか?

登場人物はみんな「漫画みたい」。「原作に忠実」という意味でもあるし、「三次元の人間とは思えない」という意味でもある。とにかく現実味がないのだ。

たとえば主人公の月海は、ダサい格好にダサい眼鏡をしたオタク女。早口でぼそぼそした喋り方、知らない人と話すときは目が微妙に合わず、歩き方も自信がなさそう。

あわせて読みたい

  • 能年・登坂「ホットロード」トークレポ

    能年・登坂「ホットロード」トークレポ

  • 初めて描いたBL同人がネットに晒され…

    初めて描いたBL同人がネットに晒され…

  • なぜモテるのか「オタサーの姫」の謎

    なぜモテるのか「オタサーの姫」の謎

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年12月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら