review

オタク能年玲奈も女装菅田将暉も二次元。映画「海月姫」は「三次元の人間が演じるアニメ」だ

でも、蔵乃介に服を選んでもらって、メイクをしてもらって眼鏡を外せば、透明感あふれる超絶美少女になる。
こんな漫画みたいな設定(いや、漫画なんですけども)を実写化するのに、能年玲奈は適任すぎる。もちろんダサい眼鏡をしていても能年は美少女だが、挙動不審なオタク演技のおかげで美少女オーラが抑えられている。

蔵乃介も漫画っぽい。男の格好をすればイケメンで、女の格好をすれば美女(ちなみに「女の子になりたい男」ではなく、「女の子の格好をするのが好きな男」。男の格好をしていることも多いし、彼女もいたことがある)。
「女にしか見えない」レベルの完璧な女装は、三次元だとなかなか難しい。骨格や声の問題が立ちふさがる。では、菅田の女装はどうか?
これが、かなりレベル高い! 足が細くてキレイで、顔も小さくて肌がきめ細やか。モデル系美女の雰囲気が出ている。とてもじゃないが「仮面ライダーW」のフィリップだとは思えない(おそらく菅田、めちゃくちゃ体重を落としている)。

ほかの尼〜ずの面々もすごい。芸能人オーラ、美女オーラが完璧に消えている。
「海月姫」の番宣では、よく篠原ともえが登場している。ところが映画のどこを見ても篠原ともえが見つからない! いや、いるんだけど、まったく篠原ともえだと思えない。池脇千鶴もそう。いるのはイタいオタク女だけだ。このイタさが中途半端なイタさではなくコミカルに突き抜けたイタさなので、黒歴史を持つオタク女(私のことです)も安心して見ることができる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。