review

本日決定!書評家・杉江松恋の第152回芥川賞候補全作レビュー&予想

本日決定!書評家・杉江松恋の第152回芥川賞候補全作レビュー&予想
小谷野敦「ヌエのいた家」掲載の「文學界」2014年9月号
いよいよ来ました運命の日。第152回芥川・直木賞の候補作をすべて読んで行う事前予想企画、今回もやってみました。
ちらは芥川賞。毎回同じで★で表しているのは受賞の本命度ですが、作品の評価とは必ずとも一致しないことをお断りしておきます(5点が最高。☆は0.5点)。(直木賞編はこちら)

■上田岳弘「惑星」(初。「新潮」2014年8月号
今回の候補作の特徴として新潮新人賞出身作家が5人中3人もいることが挙げられるだろう。第44回から46回まで3回連続で候補作になっている。こうなると、現在の純文学界で最も勢いのある賞は同賞であると言わざるをえない。
その新潮新人賞からの候補作の第一が上田岳弘「惑星」だ。上田は2013年に「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞してデビューした。「惑星」は第27回三島由紀夫賞候補作にもなっており、両作は対をなす作品である。『太陽・惑星』としてすでに単行本化もされている。
「太陽」「惑星」に共通するのはその視点の位置である。複数の人間を俯瞰するような神の視点、もしくは叙事詩の語り手の位置から叙述が行われ、未来の出来事もしばしば先取りする形で読者に伝えられる。「惑星」は全編がYozoh.UchigamiからDr.Frederick.Carsonに宛てたメールという形で綴られる小説で、送り手は内上用蔵という精神科医であることがやがてわかる。彼は「最終結論」を自称、また受け手であるフレデリック・カーソンを「最強人間」と呼んでいる。語り手には大多数の人間の運命が最初からわかっているようなのだが(ゆえに「最終結論」)、カーソンを「最強人間」と呼ぶ理由は話がかなり進展しないと判明しない。カーソンはビル・ゲイツなどを連想させるIT事業者の雄で、メディアの進化によって人間および社会の変容が可能であると考える人物だ。

あわせて読みたい

  • 杉江松恋が第151回直木賞候補全作評価

    杉江松恋が第151回直木賞候補全作評価

  • 芥川賞最多落選作家・島田雅彦に学ぶ5つのモテポイント

    芥川賞最多落選作家・島田雅彦に学ぶ5つのモテポイント

  • 村上春樹はなぜ芥川賞を獲れなかったのか。選評でたどる芥川賞の歴史

    村上春樹はなぜ芥川賞を獲れなかったのか。選評でたどる芥川賞の歴史

  • 本日決定。第152回直木賞本命はこれだ

    本日決定。第152回直木賞本命はこれだ

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年1月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら