review

本日決定!書評家・杉江松恋の第152回直木賞候補全作レビュー&予想

本日決定!書評家・杉江松恋の第152回直木賞候補全作レビュー&予想
『鬼はもとより』青山文平/徳間書店
第152回の芥川・直木賞も全候補作を読んで予想をお届けします。こちらは直木賞編です。(芥川賞編はこちら)
今回も★で本命度を表しますが、作品の評価とは必ずとも一致しないことをお断りしておきます(5点が最高。☆は0.5点)。

■青山文平『鬼はもとより』(初。徳間書店)
今回は3作が初ノミネートという事態になった。しかもそのうち2作が勧進元である文藝春秋の刊行作品である。もう1作がこれ。青山文平は2011年に『白樫の樹の下で』で第18回松本清張賞を受賞してデビューを果たした時代小説界期待の新人である。1948年生まれで決して若くはないのだが、時代小説作家はもともと平均年齢が高めである。一作ごとに進境著しく、本作でついに金脈を掘り当てた観がある。
本書は藩札発行を巡る経済時代小説だ。藩札とは各大名家が自らの領地内で流通させた私貨幣であり、金銀で鋳造された公けの貨幣とは異なり、単なる紙切れである。それをなぜ発行するのか、どういうときに発行しなければならなくなるのかといった基礎から、藩札発行の陥穽とは何かといった実際の運用ノウハウまでを作者は小説の前半部でわかりやすく語っている。主人公の奥脇抄一郎は浪人の身の上だが、かつてとある小藩でこの藩札掛を勤めていた過去がある。藩札を発行しての財政が破綻しかけ、そのために起きるであろう争いを捨てて脱藩したのだ。今は江戸の裏店で万年青を商って世過ぎをしている彼が、石高わずか1万7千石の島村藩から要請を受け、そのために働くことになる。

あわせて読みたい

  • 杉江松恋が第151回直木賞候補全作評価

    杉江松恋が第151回直木賞候補全作評価

  • カンヅメになった作家は果して真面目に原稿を書いているのか。浅田次郎と林真理子が内幕を明かす

    カンヅメになった作家は果して真面目に原稿を書いているのか。浅田次郎と林真理子が内幕を明かす

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年1月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら