review

永瀬正敏が涙ぐんだ。映画「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」ジャパンプレミアレポ

       
「僕は映画の中で『泣くな、泣くな』と言い続けています。ここで僕が泣く訳には……いかない」

永瀬正敏は、必死になって涙をこらえていた。

「素晴らしい現場というのは、大変なことはいろいろあっても、きちっと、みんなが同じ方向を向いています。『KANO』のストーリーと同じような現場だなと思って、そこにすごく感動しました。家族みたいなチームでした」

撮影現場の印象を質問された坂井真紀は、笑顔でそう振り返った。

笑う坂井、涙ぐむ永瀬。
昨日、都内で行われた台湾映画「KANO~1931 海の向こうの甲子園~」(1月24日公開)のジャパンプレミアにおいて、坂井真紀と永瀬正敏は対照的な表情を見せていた。

映画「KANO」は、1931年、日本統治時代の台湾から甲子園に出場して決勝にまで勝ち進んだ、日本人、台湾人(中国大陸から移住した漢人)、台湾先住民による「嘉義農林学校野球部」<KANO>の活躍を描いた、実話をもとにした物語だ。

映画の中では、永瀬が嘉義農林学校野球部を甲子園に導く鬼監督・近藤兵太郎を、坂井がその妻を演じている。

この日のジャパンプレミアでは、監督のマー・ジーシアン、プロデューサーのウェイ・ダーション、そしてエースで4番という役柄を演じたツァオ・ヨウニン、強打者でセンターのチェン・ジンホンの4人も台湾から駆けつけ、制作中の苦労話や永瀬との思い出を振り返った。

「こういうイベントがなくなると、みんなに会える機会が少なくなっていく。それがすごく寂しくって。また何か企画してくれないかなぁ……みんなに会えなくなるのは嫌ですね。まぁ、スクリーンの中では会えるんですけど」と永瀬。5ヶ月以上に渡った撮影期間を通じて、演者やスタッフとの強い絆が生まれたことを紹介する。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。