review

いよいよ最初の山場「花燃ゆ」は吉田松陰密航未遂事件をどう描くのか。ドラマ史を徹底検証してみた

       
■盗んだ小舟で漕ぎ出す! ドラマに見る松陰密航未遂
NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の来週日曜(1月25日)放送の第4回では、本作最初の山場ともいうべき吉田松陰(寅次郎)の密航未遂事件がとりあげられる。これは1854年に、松陰が弟子の金子重之助とともに、当時来航していたペリー艦隊に対し、アメリカへ戻る際には自分たちも一緒に連れて行ってほしいと直談判したという事件だ。このとき沖に停泊する艦隊に、松陰らが小舟を懸命に漕いで近づく様子は、ドラマでもきっとくわしく描かれることだろう。

前回で紹介した、松陰を主人公としたNHKドラマ 「蒼天の夢 松陰と晋作・新世紀への挑戦」(2000年)でも、当然ながらこの事件はとりあげられている。そこでは松陰たちが、舟を漕ぐ櫓と船体をつなぐ櫓杭がなくて、ふんどしで代用するさまがコメディタッチで描かれるばかりか、渡米の願いはかなえられなかったとはいえ、艦隊の司令長官であるペリーとの面会が許され、別れ際にはアメリカ国歌の演奏で見送られるというVIP並みのもてなしを受ける。松陰らの渡米が認められなかったのは史実だが、ペリーとの面会や国歌の演奏は、原作となった司馬遼太郎の小説『世に棲む日日』にも出てこない。おそらくドラマオリジナルの設定だったのだろう。

松陰の密航未遂は、大河ドラマでは2010年放送の「龍馬伝」の第6回「松陰はどこだ?」でもとりあげられている。その筋立ては、密航をくわだてる松陰(演じるのは生瀬勝久)を、福山雅治演じる坂本龍馬が止めようとするという、多分にフィクションを交えたものだった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「花燃ゆ + 大河ドラマ」のおすすめ記事

「花燃ゆ + 大河ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「真田丸」のニュース

次に読みたい関連記事「真田丸」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年1月20日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 花燃ゆ 大河ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。