review

わがままな松陰、女々しい久坂、妻を放置プレーの伊之助。 それでも視聴率微増の謎「花燃ゆ」

わがままな松陰、女々しい久坂、妻を放置プレーの伊之助。 それでも視聴率微増の謎「花燃ゆ」
『花燃ゆ』ノベライズ/ NHK出版
1話、2話と、視聴率が低い低いと心配されていた大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜8時〜)ですが、1月18日放送の3話「ついてない男」では持ち直して、2話の13.4%から15.8%になりました(関東地区 ビデオリサーチ調べ)。
これまでの大河としては高い数字ではないようですが、上がったことが正直意外でした。
なぜって、この回のメインキャラだった“ついてない男”こと久坂玄瑞(東出昌大)がかなり女々しく描かれ過ぎていて、脱藩じゃなくて脱落してしまいそうになった人が多いのではないかと危惧したものですから。

久坂玄瑞は、高杉晋作(高良健吾)と並び松下村塾の四天王と周囲から一目置かれ、のちの吉田松陰・寅次郎(伊勢谷友介)の妹にしてこのドラマの主人公・文(井上真央)の夫に。そして、松蔭の死後は、尊王攘夷派の先頭に立ちます。
妹を嫁に薦めるほど松陰に期待をかけられていた英才で(松陰って気に入った人に妹を嫁にやるのが好きなんですね)、1話の冒頭では、高杉と賢げに語り合っていましたが、本格的登場の今回は、その聡明さをほとんど見せません。まあ、一応、後の塾生仲間たちや文に、国を憂い、国を良くしたいと志を語りはしますが。でもねえ。

3話の久坂は、ポテンシャルはあるものの、それを生かせないもったいない男子でした。おみくじを引くたびに凶を出してしまい、そのせいなのか、1年のうちに、父、母、兄を亡くし、15歳にして天涯孤独の身になってしまい、自分は呪われていると思い込み、一歩先に進めないでいます。

あわせて読みたい

  • どうなる「花燃ゆ」ドラマ史徹底検証

    どうなる「花燃ゆ」ドラマ史徹底検証

  • 「花燃ゆ」はなぜ大河らしくないのか

    「花燃ゆ」はなぜ大河らしくないのか

  • 気になるキーワード

    1. 花燃ゆ 大河ドラマ
    レビューの記事をもっと見る 2015年1月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「花燃ゆ + 大河ドラマ」のおすすめ記事

    「花燃ゆ + 大河ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「真田丸」のニュース

    次に読みたい関連記事「真田丸」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら