まだまだ寒いこの時期、新年会も一息ついて、そろそろ家でのんびりDVDでも見たい気分なんて方はいないだろうか?
そんな方のために、今回はTSUTAYAの昨年度レンタルランキングTOP3を、邦画・洋画別にご紹介したい。

【邦画編】


第3位:永遠の0
冬のおこもりライフで見たい! 昨年度の邦画・洋画年間ランキングTOP3は!? 
『永遠の0』

昨年の邦画興行収入第1位、86.7億円の大、大ヒットとなった超話題作。原作は百田尚樹のベストセラー小説。零戦を扱った戦争ドラマだっただけに、賛否両論も巻き起こった。そんな中、注目されたのが、軍人訓練を受けて零戦パイロット役に臨んだ岡田准一の演技。山崎監督が「鬼気迫るオーラで役に入っていた」とコメントするその演技で、報知映画賞ほか様々な映画賞で主演男優賞を受賞。また本作は、2月27日に発表を控える日本アカデミー賞で主演男優賞ほか11部門にノミネートされている。

第2位:謝罪の王様
『舞妓 Haaaan!!』 『なくもんんか』の阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本、水田伸夫監督による異色コメディ。阿部サダヲ×クドカンに加えて、キャスト陣が井上真央、岡田将生、尾野真千子、高橋克実、松雪泰子、竹野内豊など、とにかく豪華。さまざまなエピソードがそれぞれつながっているオムニバス形式で、キャスト陣のオーバーリアクション(!?)も見どころ。後半の展開には好みが分かれそうだが、「現実のアレコレを忘れ、気分転換して笑いたい」なんて方にはぴったりかも。

第1位:半沢直樹 ―ディレクターズカット版―