review

全イベント参加無料。文化庁メディア芸術祭の歩き方〜エンターテインメント編

第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展がはじまった。
場所は国立新美術館[2階 企画展示室2E]。
期間は2015年2月4日(水)~15(日)。入場無料
アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の4部門があり、世界中から3,853作品の応募があった。
受賞作品展では、そこから選ばれた受賞・審査委員会推薦作品、功労賞受賞者の功績を一堂に展示し、さまざまなイベントを繰り広げる。
期間中多数開催されるさまざまな全イベントも参加無料だ。
まあ、ざっくりと言ってしまえば、最先端を走る刺激的な作品がズラっと一気に見渡せる展覧会である。
「何か面白いこと、刺激的なこと、ワクワクすることは、なんかないのか」と思っている人は来るがいいよ。

さて、エンターテインメント部門審査委員をつとめている米光一成が、気になった作品を紹介するよ。
今回はエンタテインメント部門からいくつか。

■handiii
全イベント参加無料。文化庁メディア芸術祭の歩き方〜エンターテインメント編
義手「handiii」メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞

筋電義手「handiii」は、パーツを3Dプリンターで作り、制御にスマートフォンを利用する。
義手の材料費を安価にして、取り扱いを軽快にするプロジェクト。
なんといってもカッコイイ。人肌に似せるデザインではない。スニーカーのように義手がファッションアイテムになった。
実物のカッコイイhandiiiが複数展示されているので、見惚れてほしい(全面ロゴが入っている義手のかっこよさったら!)。

■のらもじ発見プロジェクト

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース