あの男が、スポーツ映画に帰ってきた。

『フィールド・オブ・ドリームス』でトウモロコシ畑に野球場を作り、
『さよならゲーム』ではマイナーリーグで苦悩するベテラン捕手を、
『ティン・カップ』では落ち目のプロゴルファーを、
『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』ではメジャーのベテランスター選手を演じた男。

ケビン・コスナーほど、スポーツ映画であたり役を演じてきた俳優を他に知らない。

一般的には『ボディガード』『ダンス・ウィズ・ウルブズ』『ウォーターワールド』などの大作映画の印象が強いだろうが、私にとって彼は、稀代のスポーツ映画俳優だ。

そんなケビン・コスナーが新たに主演を務めたスポーツ映画が『ドラフト・デイ』。アメリカ最大のスポーツイベント「スーパーボウル」の開催にあわせるように、先週から日本でも公開されている。

ケビン・コスナーの役どころは、NFLに所属する弱小チームの再建を託されたゼネラルマネージャー(GM)だ。

選手獲得の総責任者であるGMが、チームのオーナーや監督との間で板挟みにあい、他チームのGMと牽制し合い・騙し合い、ドラフト候補選手からの売り込み電話に対応し、ファンからの厳しい視線にさらされる。気持ちに余裕がないからこそ、家族の問題も浮き彫りとなる。その苦悩の果てに、ドラフトでどんな決断を下すのか……ドラフトが始まる12時間前から、刻一刻と状況が変化する中での心理戦、情報戦が見どころだ。

この映画に関して、2011年にヒットした映画『マネーボール』のアメフト版、と表現される場合がある。まあ、どちらもチームのGMが主人公だし、弱小チームをどう立て直すか、という部分ではあながち間違いではない。