bit

家の中にある“究極のデッドスペース”を猫の遊び場に!

数カ月前、引っ越しをしました。何せ、前の部屋は物にあふれてたから。より広さが必要になったがための今回の引っ越しなのですが、そんな自分だけに、部屋のスペースを有効活用する策はいくつも講じてきています。恥を忍んで言うと、台所の食器入れに本やCDを収納したり、ベッドの先端は押入れの中に突っ込んだり……。
そんななか、最も重視したのはデッドスペースの活かし方でしょうか。というか、もはやデッドスペースをデッドスペースではなくしてしまう。そんな考え方です。

例えば、こういう事ですよ。ペットインテリア用品ブランド「UNIHABITAT(ユニハビタット)」が1月より発売している『ハンギングキャットツリー』(税別20,000円)は、言わば“吊り下げ式キャットツリー”。
家の中にある“究極のデッドスペース”を猫の遊び場に!
デッドスペースに吊り下げ、登り降りさせてあげてください。

これ、どこに吊り下げたらいいと思います? それは、“扉の影”です。部屋を出入りする際、開けたり閉じたりする扉。あの開閉スペースが、実は勿体ない。でも付属のコの字フックを使用して扉に吊り下げれば、猫の遊び場・隠れ家を創出できてしまうというわけです。
「猫のために派手なおもちゃや大きな遊び場を買ってばかりいては、人間の生活スペースが十分に確保できなかったり、インテリアに満足できなかったりすることもあると思います。一方で上下運動ができるアイテムや安心して隠れられる場所がなければ、猫にとってもストレスが溜まってしまいます。このどちらをも解決するアイテムを作りたいと思い、今回はデッドスペースに着目しました」(担当者)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク