bit

秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

「千種区にある『名古屋大仏』は台座を含めると15メートルもの高さがあります。1987年に建立された大仏で、全身は緑色、唇や目は金色で、アジアンテイストです」
本堂には未成年には見せられないような神仏もあり、成人しか拝観できない場所もあり、拝観時に頂けるお守りにはとんでもない秘密が入っています。

●こちらもインパクト大
秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

茨城県大子町にある大子地蔵尊は、昭和39年につくられたコンクリート製の地蔵尊だ。高さは10メートル。
「周辺にあるアパートや民家と比べると、違和感がすごいです(笑)。しかも、地蔵尊というと普通は坊主頭ですが、こちらはベレー帽をかぶったようになってます。頭巾だと思うのですが、これ帽子ですよね……」

●仙台にある、日本唯一の外骨格大仏
秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

「大本山成田山仙台分院」に鎮座する「成田山大仏」。高さは8.4メートル。仙台の街が一望できる建物の屋上にあるが、注目は裏側にある。
「鉄骨が組まれているのが見られます。表からは全く見えない位置に組まれているところが設計努力とデザインの情熱が伝わってきて凄いです。建築技術の推移を集めたものといえるでしょう。2003年に建立された大仏で、東日本大震災においても、損傷はなかったそうです」

●こちらの大仏が珍しい訳
秩父の不動明王の顔がちょっと変だ~大仏ハンター・クロスケ推薦 珍大仏

珍しいといえば、こちらは神戸にある鵯越(ひよどりごえ)大仏。一見、普通の大仏に見えるが、は非常に珍しいものだとか。
「市の公共事業で建立された珍しい“公共事業大仏”なんです。昭和7年に、市立鵯越霊園に建立されました。ひび割れが目立ちますが、青銅に見えても実はコンクリート製であることからして、当時の左官技術の高さが分かります」

あわせて読みたい

  • 香港のめでたい金色の珍名所とは

    香港のめでたい金色の珍名所とは

  • ダンボールで作った仏像!?

    ダンボールで作った仏像!?

  • 仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本

    仏像をもっと知りたくなる“仏像ガール”の本

  • コネタの記事をもっと見る 2015年2月20日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら