bit

『箱覧会』~“箱の鑑賞家”がいろいろな人が大切にしている箱の中を見てみた

誰しも、大切なものを保管している箱を持っているのではなかろうか。そんな、さまざまな箱(240点)を紹介した本『箱覧会』(スモールライト刊)が話題だ。著者で、いわば“箱鑑賞家”の小西七重さん(タイムマシンラボ)に、気になる箱について伺った。

まずは小西さんが「開けた瞬間、たまて箱のように時間がタイムスリップした」という箱から。

●青春時代が詰まった”お宝”いっぱいの箱
「大勝庵 玉電と郷土の歴史館」館長 大塚勝利さん
『箱覧会』~“箱の鑑賞家”がいろいろな人が大切にしている箱の中を見てみた
80年代まではお土産の定番だったペナント、つり革、オープンリールとイヤフォン、懐かしいマスクなど、トランクケースには思い出が詰まっている

大塚さんは「そば処大勝庵」を41年間営んでいた。現役を引退した玉電(東急玉川線)の運転台を店内に展示していたこともあり、鉄道ファンの間で有名だった。といっても、大塚さん自身は鉄道ファンというわけではなく、レコードやモノクロテレビなど昭和30~40年の青春時代の思い出を集めているコレクターだ。お店は2011年に閉店。改装して「大勝庵 玉電と郷土の歴史館」をオープン。鉄道に関係するものや、懐かしい日用品を月替りで展示している。物を集めるようになったきっかけは、蕎麦の修行に出ていた時に実家が建て替えられたが、その時に大切にしていたものが全部捨てられてしまい、悔しい思いをしたから。
『箱覧会』~“箱の鑑賞家”がいろいろな人が大切にしている箱の中を見てみた
館内にはレトロなつり革も展示

『箱覧会』の小西さんは、大塚さんの博物館を訪れた時に、「絶対に魅力のあるものが詰まった箱をお持ちに違いない」と直感的に思ったという。
「箱は、整理整頓のために予め入れるものを決めて入れていく箱と、捨てられないものをとりあえず何でも入れていく箱に分けられると思いますが、こちらは後者。箱を見ると大塚さんの人生が垣間見られます」

あわせて読みたい

  • 突然の来客時、ココだけは片付けたいポイントは?

    突然の来客時、ココだけは片付けたいポイントは?

  • 曾祖母の45年の時を経て美大生が撮った思い出写真

    曾祖母の45年の時を経て美大生が撮った思い出写真

  • 月へ打ち上げたタイムカプセルを取りに行き、月の水でポカリを溶かして飲みたい!

    月へ打ち上げたタイムカプセルを取りに行き、月の水でポカリを溶かして飲みたい!

  • 「自然エネルギー普及アイドル」の知られざる日常

    「自然エネルギー普及アイドル」の知られざる日常

  • コネタの記事をもっと見る 2015年2月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース