「まさきが一発ギャグをやりまーす」

開演早々に宣言したのはHey! Say! JUMPの山田涼介。
その言葉を受け、隣にいた男はステージの中央に踊り出た。

「どーもぉ!! あなたのもとへ まっさき に! すだまっさき(菅田将暉)でぇーす」

「素晴らしい根性でございます」という山田のフォローもむなしく、舞台後方の殺せんせーオブジェに腰掛け、がっくりうなだれる菅田将暉。

その悩める姿にも、集まった女性ファンからは悲鳴にも似た歓声が飛ぶ。

「週刊少年ジャンプ」で連載中のコミカル教育エンターテイメント漫画『暗殺教室』が遂に実写映画化! 3月21日からの全国公開を前に、完成報告会見と舞台挨拶が3月4日、都内で行われた。

登壇したのは、映画初出演にして主演を務めた山田涼介。そして共演の椎名桔平、菅田将暉、山本舞香、知英、高嶋政伸、加藤清史郎、橋本環奈、羽住英一郎監督ら総勢11名(記者会見は山田涼介、椎名桔平、菅田将暉、山本舞香、知英、羽住英一郎監督の6名)。

それぞれが撮影秘話や見どころを語っていくのだが、そこはいつも悩める3年E組らしく、一人一人がなぜか悩みを告白していく会見となった。

◎山田涼介が悩んだこと

「(Hey! Say! JUMPの)LIVE本番直前に別室に呼び出されて、『これやるよ』と映画出演を言い渡されました。『この後、どんな気持ちでLIVEやれと……?』っていうのが最初の気持ちでしたね(笑)」

この映画の出発点を笑いながら語った山田涼介。ただ、撮影中は悩むことばかりだったという。