「僕は言葉の力を信じる」

巨人、ヤンキースなどで活躍した稀代の大打者・松井秀喜が先月上梓した『エキストラ・イニングス 僕の野球論』の中の綴った一節だ。

現役時代はメディアと友好的な関係を築き、比較的そのコメントがファンに届く選手だった松井。
だが2012年の現役引退後、そのままアメリカで生活を送るようになると、松井の言葉はずいぶんと遠くなった印象がある。

だからこそ、引退後初の著書となる本作で綴った野球論、そしてこれまで関わってきた野球人にまつわるエピソードは、どこを切り取っても読み応えが満載だ。

たとえば、
・イチローと比較されることについて。
・落合博満とバリー・ボンズの打撃コンセプトが同じであること。
・唯一、ライバルとして意識したのは高橋由伸であること。
・阿部慎之助が球界を代表する選手になるとは思っていなかったこと。
などなど、これまでの著作でも語られていなかったエピソードは多い。

なかでも長嶋茂雄監督との関係性の深さは、改めて感じ入ってしまう。

「俺は35歳の時が一番良かった。35は技術も体も一番いいときだ」といわれた35歳のシーズンに日本人初となるワールドシリーズでのMVPを獲得したこと。
そして、現役引退をした年がどちらも38歳だったことなど、本人も気づかないうちに師の足跡を辿っていたことを振り返るページは、読んでいるこちらまで感慨深くなる。

松井の言葉が現役時代よりも遠くなってしまった要因のひとつに、今後の人生をどう歩むべきか、その選択に慎重になっているからもあるだろう。