みなさんは辞書にどのようなイメージがあるだろうか。学校で使ったりしていた経験から「難しい」、「面白くない」などのようにマイナスイメージを持っているのではないだろうか。
しかし実際のところ、辞書はとても魅力的なものを隠し持っている。ではそんな奥深い辞書の世界を「ケトルVOL.23」(太田出版)からひも解いてみたい。

【退屈ではない! 面白い辞書もある】


「つまらない」というイメージをどうしても持たれてしまう辞書だが、探してみると面白い魅力的な辞書も多いことが分かる。

■ネット用語を掲載
「三省堂国語辞典」には、多くの“新しい”言葉が掲載されている。そのため「キター!」「w」「なう」などといったネット用語も多く掲載されている。これらの言葉が言葉のプロにかかるとどのように説明されているのかという観点から見てみるのも面白いだろう。
また、“正しい日本語”ではないとされる「ら抜き言葉」を掲載しているのも特徴的だ。掲載の理由として「言葉は日々変化するもの、その過程を収めるのも辞書の役割」と担当者は語っている。

■冷凍マグロの数え方は
ものの数え方の辞書もある。この辞書を読むと普段使い分けていないだけで、いろいろな数え方があることに気付かされる。たとえばブロッコリー。そのままの状態だと1株であるが、調理されて小分けになると1房になる。
また、生きているマグロは1匹と数えるが、冷凍のものだと1本、さらには解体されて4分の1のサイズになると1丁、サクになれば1冊、お刺身状態では1切れなどと呼び方が変わる。このように自分では意識していなかった数え方の違いについて知ることができるに違いない。