「わしらも読みたかったわい…」
表紙に描かれた“日本で一番有名な野球親子”、星一徹&飛雄馬のイラストそばにこんな文字が踊る。

いやぁ、本当に読んで欲しかった。

さすれば星飛雄馬はどんな選手に成長していたのか? ひいては日本の野球文化も今とは違う形になっていたかもしれない……そんな妄想をかき立てたくなる雑誌が創刊した。

その名も『野球太郎育児』

マニアック野球雑誌『野球太郎』編集部が世に問いただす、球界初の野球育児マガジンだ。

巻頭挨拶ではいきなり、野球界が直面する難題が提示される。
《かつて野球少年であふれていた少年野球チームは、いまや多くが人数を確保するのに精一杯の状況です。日本野球の未来は決して明るくはありません。(中略)もはや旧態依然とした、大人数からふるい落とす方法では、日本野球のレベルを保つことは困難だと思われます。これからは少人数のなかでも高確率で逸材を生み出す、“少数精鋭時代”に入っていくはずです》

だからこそ、保護者に向けて野球の楽しさ、厳しさ、奥深さを伝え、家族が野球を通して幸せになることを本雑誌では目指していくことになる。

壮大、且つ根気のいる計画の第一歩となる創刊号では、
◎大谷翔平、前田健太、内川聖一、安樂智大の両親に聞く「我が家の野球育児論」
◎保護者のためのキャッチボール講座
◎お母さんのための野球栄養学・基礎講座
◎野球イクメン芸人、トータルテンボス・藤田憲右による「はんぱねぇ球育論」