bit

首都圏で働くビジネスパーソンの約3人に1人が、「地方圏への転職」に興味アリ!

最近、同業者(ライター)で東京から離れる人が続出しています。地方への移住を決心したようなんです。そういえば、某ブロガーの「まだ東京で消耗してるの?」なる刺激的な文言もありましたっけ。
確かに今や、地方と比較して東京に大きなアドヴァンテージがあるとは思いません。仕事にしても、直接的な対面の打ち合わせがそこまでマストなのかは疑問。メールだってあるし、skypeだってあるし、何だったらLINEだってある。地理的、距離的な問題で、地方が後れを取っているのは遠い昔の話でしょう。

一方、地方生活の魅力要素もわからないではない。自然は多いし、物価は安いし、料理も美味しい。行きたいお店や盛り場が近場に集中しているのも、便利でしょうねぇ。……いや、私はまだ東京で生活を送る気マンマンなんですが!

ところで、こんな興味深いデータを見つけました。リクナビNEXT編集部が行ったのは、首都圏から地方圏への転職に焦点を当てた「UIターン転職意識アンケート」。20~49歳のビジネスパーソン600名(正社員・契約社員、首都圏在住300名・UIターン転職経験者300名)&採用計画の立案に関わっている地方圏企業担当者400名を対象に、意識調査が行われたようです。
まずは、首都圏で働くビジネスパーソンに向けて「地方圏で働くことに興味はあるか?」という質問を。結果、「興味あり」回答は32.6%(「非常に興味がある」10.9%、「やや興味がある」21.7%)にまで達しています。しかも、その32.6%の内の14.3%は「今すぐにでも地方圏で働きたい」と考えている模様。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク