bit

国外からも問い合わせがくる“農業のコンサルティング”とは

我が家の近所にはラーメン店が多いのですが、自ずと競争率は激しくなります。繁盛店はあるし、反対にあからさまに混雑していない店舗もある。
さて、後者はどうすればいい? 「頑張れよ!」と言いたいところだけど、その頑張り方がわからない。だから、繁盛していないのだろう。なるほど、そういう時のために「コンサルタント」があるわけか。

話は変わって、今じゃこんなコンサルティングまであるらしいです。株式会社ティーエスピー(広島県広島市)が受け付けているのは、“農業のコンサルティング”。
例えば土で作物を育てている時、画像のようなこんな土になったらどうします?
国外からも問い合わせがくる“農業のコンサルティング”とは
見るからに、土が苦しんでいる……

「もう、ダメだ」と絶望に陥ってしまいそう……。そんな時こそ、農業コンサルティングの出番なわけです!

では、そのコンサルの方法から。
(1)耕作面積
(2)現在の作物の状況(病気は出ているか)
(3)今までどんな肥料を使っているか
上記の情報によって、どうすれば実りの良い土になるかを判断するとのこと。

ところで、どうしてあんな土の状態になってしまうのだろう?
理由として第一に考えられるのは「土で作物を育てる時、特定の肥料成分を与えすぎている」。作物が吸収できないほどの栄養分(化学肥料・農薬)を与えていると、次第にその土で作物が育ちにくくなっていく。これは作物が育つのに必要な栄養分の過剰症や欠乏症によるもので、「連作障害(れんさくしょうがい)」と呼ぶそうです。
「現在行われている農業は、作物が育つ『化学性』と『物理性』を重視して化学肥料や農薬を使用し、『生物性』を重要視してきませんでした」(担当者)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月7日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。