bit

神社好きならぜひ挑戦してみたい、神社検定

Q:神道の「経典」に関する問題です。『古事記』『日本書紀』に書かれていることとして間違っているものを選んでください。

1、須佐之男命・大年神の系譜は『古事記』独自のものである
2、稲羽の素兎・八千矛神の物語は『古事記』独自のものである
3、天地創成の神話では『日本書紀』は本書のほかに6個の一書があり、『古事記』のそれとは、第四の一書の末の『又曰』とある別伝と一致している
4、『日本書紀』の一書は、「神代巻」に限られている

こちらの正解は「4」番

ぐっと深い所まで突っ込んでくるので、ただ神社が好き。というだけではむずかしい問題がゴロゴロ。

昨年の試験では、3級受験者はおよそ2000名。合格率は70%となかなかのものだが、これが1級になると合格27.1%という狭き門である。しかし、見事合格した人にはちょっと嬉しい特典がある。それは、後日郵送されてくる合格認定証である。
それも、紙の味気ない証書ではない。神社検定らしい「絵馬型」。伊勢神宮の御用材でもある長野県木曽のヒノキで作られた特製絵馬なのである。

日本各地には8万を越える神社があるそうだ。創建は前述のとおり、古いものになると2000年以上にもなる。そのひとつひとつに、格式や歴史があり、勉強のし甲斐はありそうだ。

今年の神社検定の実施は、6月21日。今から詰め込めば、じゅうぶん間に合う開催日程。
締め切りは5月14日。興味のある方、自信のある方、こんな検定で自分の知識力を試してみませんか。
(のなかなおみ)
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク