review

ビートたけし、高橋英樹、太川陽介…芸能人の“裏の顔”満載『芸能界 蛭子目線』

ビートたけし、高橋英樹、太川陽介…芸能人の“裏の顔”満載『芸能界 蛭子目線』
『芸能界 蛭子目線』(竹書房)<br />相変わらず愛らしい笑顔だが、狂気の人だ。
野球中継を観ていると、解説者より素人の自分らの方が明らかにわかっている時がある。あぁ、それと似ているのかしら? ズブズブのインサイダーより、対象と適度な距離を保っている人の話こそ信用できる気がする。心を捧げているのではなく、傍観者足り得る距離感を保っているので。冷静な視点だからこそ、話に信憑性が出てくるというか。

話は飛んで、芸能界。いつの世にも「この人、本業は何なのだろう?」という人材は数多い。記者も幼き頃はみうらじゅんが何者かわからなかったし、今や西川史子の本業を忘れている人だって少なくないだろう。

私が蛭子能収を初めて目にしたのは『教師びんびん物語』のバーテン役か、TBSの深夜番組『平成名物TVヨタロー』辺りだった。言うまでもなく、彼の本業は漫画家。ガロで名を馳せた頃の氏のイメージは、現在と全く違うものであったらしい。シュールで突飛な発想をする、狂気の天才肌。
しかし、彼は公言する。「テレビの仕事は楽しくておいしい」と。テレビ出演のギャラと比較すると原稿料は格段に安く、だからこそテレビ出演へのモチベーションは異常に高くなる。
だが、本人曰く「私は(芸能界に)染ってない」。

そんな蛭子さんが「芸能界で見てきたお話を描きました」と上梓したのは、『芸能界 蛭子目線』(竹書房)なる一冊だ。
ここで報告される数々の逸話を見ると、確信する。彼こそは、“芸能界に潜入した情報屋であると。

例えば、最近の蛭子能収の相棒といえば太川陽介。太川はゲームが好きで、ギャンブラーとしても名高い蛭子さんをトランプで打ちのめしてしまうそう。そんな彼だが、アイドルを卒業した直後は大変だった。

あわせて読みたい

  • たけしからその言葉を聞いて「もう、どうなってもいい」そう思った『我が愛と青春のたけし軍団』

    たけしからその言葉を聞いて「もう、どうなってもいい」そう思った『我が愛と青春のたけし軍団』

  • レビューの記事をもっと見る 2015年4月6日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース