「俺が演出家としてダメになったのはあそこだったなぁって」

テレビ演出家として「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」など数多くのヒット番組を手がけてきたテリー伊藤。

その一方で、これまでに『お笑いプロ野球殿堂 ダメ監督列伝』『君は長嶋茂雄と死ねるか!』『王さんに抱かれたい』『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』『松井秀喜がダメ監督にならないための55の教え』などなど、数多くの野球関連書を世に送り出してきたことで有名だ。

そんなテリー伊藤の最新刊が『長嶋茂雄を思うと、涙が出てくるのはなぜだろう』(ポプラ新書)。
21日、その出版記念サイン会が八重洲ブックセンターで開催され、合わせて行われた記者会見で、演出家時代のあるエピソードを語りだした。

「『元気が出るテレビ』をやっているときに、『元気が出るハウス』っていうタレントショップをオープンさせたんです。これで稼いじゃったんですよ。ディレクターとしては20万円の報酬だったのに、グッズを売ったら何千万っていうお金になっちゃった。もう演出なんかやってる場合じゃねーなって(笑)」

ここでしみじみとこぼれ出たのが冒頭のフレーズだ。

「俺が演出家としてダメになったのはあそこだったなぁって。もしあの時にタレントショップを作らなければ、俺はどれだけ天才演出家でいられたのか」

ここで「テリー伊藤」「長嶋茂雄」「涙」が結びつく。

「あの人生の分かれ道、金がなきゃ違う生き方ができたんじゃねーかなって。(本のタイトルにある)『涙』は、“後悔の涙”なんですよ! 長嶋さんはずっと野球人でいて、余計なことしないで生きてきたんです。皆さんもきっと人生の中で、あの人生の分かれ道でもう一方に行けば自分の人生変わってたんじゃないか……そんなことを感じさせる素晴らしい本です!」