review

家事は、手につける職としては最高『主夫になろうよ!』

家事は、手につける職としては最高『主夫になろうよ!』
『主夫になろうよ! 』佐川光晴/左右社
小説家・佐川光晴さんの生活エッセイ『主夫になろうよ!』(左右社)を読んだ。
佐川さんは大学卒業と同時に結婚。戸籍上は奥さん(小学校教諭)の鈴木姓であり、小説家デビュー後も2001年までは勤め人生活だった。兼業主夫歴は10年を越える。
新刊『主夫になろうよ!』の「はじめに」によると、この本を作るにあたって編集部は、
〈家事や家庭生活を“新たな目”で見られるようになり、その変化によって、社会が変わっていく契機になるような一冊にしたい〉
と著者に持ちかけたという。
佐々木一澄(かずと)さんのかわいらしいイラストと、著者みずからの家事風景グラビア(!)で構成された「主夫の24時間」によると、平日の執筆時間帯は、朝食を用意し妻子を見送り洗濯物を干し掃除機をかけたあとの9:30-11:30と、買物終了後の13:00-15:30に、夕食後の21:00以降と3分されている。
ちなみに佐川さんの読者が、それまでトヨエツっぽい人を想像していたのに、このページを見たらザキヤマ似だった、と「読書メーター」に書いてたけど、雰囲気似てないこともない。とくに笑顔。

本書の中心部分となるのは、東北の大地震直後の2011年4月から2年間、《北海道新聞》朝刊に47回、隔週連載されたコラム「主夫のつぶやき」だ。連載開始時に長男は高校1年生、次男は小学校2年生だった(長男は昨2014年に大学生になり、下北沢で一人暮らしを始めた)。
コラムの話題は家事・育児のこと、妻の家族との関係、地域とのつながりなど多岐にわたる。また巻末には佐川(鈴木)夫妻インタヴュー、および著者と足立区の子育てサークル「あだっちパパ」代表・佐久間修一さんとの主夫対談が収められている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年4月28日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら