review

家事は、手につける職としては最高『主夫になろうよ!』

       
また、ブラック企業ではなくても、日本の社会は男女労働者が「時間に使われてしまう」事態を生んでしまっている。これも解決策がまだ出ていない案件なのだ。
著者にむかって〈ビジネスキャリアをはずれることにやはり不安があります〉と訴える男性の意見にたいしては、

〈このご時世、ビジネスキャリアほど危なっかしいものはありません。その点、家事は、手につける職としては最高だとおもうけどなあ。つねに誰かに必要とされて、一生感謝されるんですから〉

と答えるのだ。これに続く一節は最高のキラーフレーズ。

〈ぼくは、「社会で出世したい」という欲求は持ちあわせていないようです。むしろ、社会の仕組みにすり寄っていくほうが自分を傷つけてしまう気がしていたので、主夫になって本当によかったとおもっています〉

〈社会の仕組みにすり寄っていくほうが自分を傷つけてしまう〉というフレーズは、フェミニズムかと思うくらい。これは性差(男でも女でも)、世代(子どもでも老人でも)、さらにはセクシュアリティについても、いろんな面で言えることなのだ。
主夫の佐川さんが〈「社会で出世したい」という欲求は持ちあわせていない〉ということは、同時に、奥さんの乃里子さんが経済的な意味での上昇婚志向を持たなかったということでもあるだろう。これもまた重要なポイントだ。
『主夫になろうよ!』は大雑把に言うといわゆる生活系エッセイということになるのだろう。けれど読んでみたら、本書全体に登場する佐々木一澄さんの挿画の楽しさもあって、この本はじつは気持ちのいい幸福論であり、人生論でもある。読んだ僕が、「さてこれからどう生きる?」と、いま問われているところ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。