review

ジブリアニメが再放送でも高視聴率の理由「何回見ても飽きがこない」仕掛けとは

「テレビ離れの時代」と言われ番組制作者が頭を悩ませる中、スタジオジブリのアニメはいつも高視聴率を連発する。『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』は30年ほど前の作品だし、テレビで何度も再放送されているのにも関わらずだ。いったいなぜなのか。

その謎を解くヒントになるのが『コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと』だ。ニコニコ動画で知られるドワンゴの会長で、スタジオジブリで約2年間、鈴木敏夫の弟子として「プロデューサー見習い」をしていた川上量生が、コンテンツとは何かを考えた書籍が発売された。

キーワードは「情報量」


ジブリアニメが再放送でも高視聴率の理由「何回見ても飽きがこない」仕掛けとは
『コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと』(川上量生著、NHK出版新書)

本書では、ふわっとしたイメージで語られる「コンテンツ」を言葉で定義し、理論的に追求していき、時には現場の製作者に川上が仮説をぶつける。川上が注目したのはアニメの現場で頻繁に使われるという「情報量」というキーワードだ。「このカットは情報量が多い」などと使われるらしい。

鈴木敏夫に情報量とは何かを質問すると「絵の細かさです」と返ってきたという。それに続けて、
「ジブリの映画は情報量が多いから、いちど見ただけじゃ理解できないので、なんども映画館に来てくれるし、何回、再放送しても視聴率が下がらないんですよ」
と答えたそうだ。

なるほど確かに感覚的に理解できる説明だ。ものすごい量の線の描きこみで、絵がどんどん動くから、あのシーンはどんな内容だったっけとなる。
だが、川上は情報量が多い絵のほうがウケるということなら、実写はもっとも情報量が多いではないかと疑問を抱く。

あわせて読みたい

  • 「魔女の宅急便」製作途中、宮崎駿はジブリを解散するつもりだった

    「魔女の宅急便」製作途中、宮崎駿はジブリを解散するつもりだった

  • 映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その2「姫はなぜ結婚を拒むのか」

    映画「かぐや姫の物語」で解く『竹取物語』の謎。その2「姫はなぜ結婚を拒むのか」

  • 宮崎駿が企てた「火垂るの墓」クーデター計画

    宮崎駿が企てた「火垂るの墓」クーデター計画

  • レビューの記事をもっと見る 2015年5月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら