review

陰陽頂上決戦に興奮。ケータイ大喜利レジェンドが第13回「IPPONグランプリ」を徹底解説

この空気の中で自在に動いていたのがロバート秋山。「結局俺があげた袋使ってんじゃん!」と甲高くウサギを演じたと思えば、「県外からいつもきてくれてる子だよね」と野太い声で感謝してポイントを稼ぐ。

第2問「いつも「一言多いなっ」と言われる川田くんが告白。『好きです』の後に何と言った?」でも渋い展開が続く。一本を取ったのは大吉「Are you ready?」、ジュニア「あなた風に言うと”しゅき”です」の2つだけ。

3問目「写真で一言ルーレット」で抜きん出たのはジュニア。3回の回答全てで一本を奪取。この時点で大吉3/若林2/秋山2/ジュニア4/斉藤0。ジュニアがトップに躍り出て、最終問題へ。

第4問「彦摩呂が葬式で焼きあがったお骨を見て職業病が出てしまった一言とは?」

ジュニア「カルシウムの宝石箱や〜」
斉藤「まさに葬式界のホネノミクスや〜」
秋山「親族最後の肉フェスや〜」
若林「ホントどんくさい男やったわ。この骨で出汁とったら”ポン骨スープ”や〜」

おなじみの彦麻呂のキャラクターに「葬式」を乗せてアレンジする。「彦摩呂でボケる」というネタを作って攻めこんでいく芸人たち。しかし、博多大吉は彦摩呂のフレーズをそのまま生かした。

大吉「やっぱり火力やねんな」「ワンちゃんにあげるのもったいないで」「しょう油かけてみよっか」

「彦摩呂が言いそうなこと」と「葬式で言っちゃいけないこと」を1フレーズで見事にハメる。全ての回答で一本。合計6ポイントで決勝進出。放心した表情で目を泳がせ、手を震わせた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク