review

地味なひとたちへの眼差し「まれ」55話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)6月1日(月)放送 第55話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:一木正恵
地味なひとたちへの眼差し「まれ」55話
『連続テレビ小説 まれ Part1』NHK出版

第10週「逆転一発パンケーキ」のはじまりが、横浜の赤い靴の少女像の前で、
希(土屋太鳳)が大悟(小日向文世)にもう一回弟子入りさせてくれとお願いする予行演習をしているところ。
これ必要? と首をかしげかけましたが、横浜のランドマークを映さないといけない縛りがあるのかもしれませんね。

意気込んで戻ったものの、お店はまた閉店していました。いつもと状況はちがって、経営資金がなくなったというヘヴィーな理由で。
「信用金庫の男(一応鶴巻という名前もある)」、「返済滞納」「原価割れ」「要企業努力」などでかいテロップで説明します。「まれ」は最初のころからテロップ使いがポップです。
希は研修不合格だったのに、しれっとお店や天中殺に出入りして、店の問題に首をつっこみます。これは、能登で育んだ、住人みな家族的感覚なのでしょう。
そういえば、「けんかしとっても 何かあってきまずくても なにかあると集まってしまう」と54話で圭太(山崎賢人/崎の大は立)が語っていましたしね。

それにしても、子供のときからお菓子つくっているから陶子(柊子)よりもキャリアがあるなんてよく言うなあ。悪気ない大らかなひとというのも能登的なのでしょうか。
大らかといえば、徹(大泉洋)。心機一転、横浜で希と一緒に暮らそうとする彼は彼で、これまたしれっと「わたし、こう見えましても 経営には詳しいんですよ」と大悟に声をかけます。

あわせて読みたい

  • 覚悟が軽くないですか「まれ」54話

    覚悟が軽くないですか「まれ」54話

  • 茶番だ。茶番過ぎる「まれ」53話

    茶番だ。茶番過ぎる「まれ」53話

  • え、また応援するの?「まれ」52話

    え、また応援するの?「まれ」52話

  • 「あまちゃん」と同じ人なのに「まれ」

    「あまちゃん」と同じ人なのに「まれ」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年6月2日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。