review

怯えや迷いもあるけど屈しない「花咲舞が黙ってない」今夜2話

「ときどき思うことがあるんですよ。誰も味方がいないとき、花咲みたいなやつがそばにいたらラクになれるんじゃないかなあって」(相馬健/上川隆也)

第2シリーズがスタートしたドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ・水曜よる19時)。7月8日放送の第1話で、花咲舞(杏)と上司の相馬(上川隆也)が向かったのは日本橋支店。同店は投資信託の元本割れを巡り、顧客とトラブルになり、訴訟に発展しかねない深刻な状況に陥っていた。
『不祥事』(池井戸潤/講談社文庫)。水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作小説。

事の発端は、半年ほど前にさかのぼる。佐藤B作演じる諸角社長は、顔見知りの銀行員・北原(片瀬那奈)に勧められ、3000万円の投資信託を購入。そのとき、「元本は保証する」「損はしない」と説明されたが、実際には半年後に解約したところ300万円の損失となる。話が違うと憤る諸角に対し、北原は「元本保証するとは言っていない」と反論。橋爪支店長(寺脇康文)も「言いがかりだ」と切り捨てる。

じつはすべては支店の成績を上げるために、橋爪支店長が命令し、やらせたことだった。「責任はすべて俺がとる」と言いながら、いざ問題が起きると知らん顔。北原に、責任をとって退職するよう迫る。
事実をもみ消し、強引に事態を収束させようとする橋爪支店長の前に、「お言葉を返すようですが」と舞が立ちはだかる。

「自己責任」を声高に叫ばない温かさと頼もしさ


支店長のパワハラにさらされた揚げ句、辞職に追い込まれた北原。気の毒だと思う反面、じつは自分のことしか考えてない……?と疑問に思う瞬間もあった。たとえば、「もし、嘘をついて投資信託を売ったんだとしたら、そんなの銀行員として許されませんよ」という舞の指摘に対し、「違う! そんなんじゃない。何も知らないくせに!」と感情的になる姿は、罪悪感の現れにも自己肯定にも見える。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「花咲舞が黙ってない」に関する記事

「花咲舞が黙ってない」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

花咲舞が黙ってない

花咲舞が黙ってない

「花咲舞が黙ってない」は池井戸潤の小説が原作のテレビドラマ。2015年夏から第2シリーズが放送されている。大手銀行を舞台に、花咲舞(杏)と上司の相馬健(上川隆也)のコンビが全国の支店でトラブルを解決する。

お買いものリンク