MISIAのバージョン・アップは止まらない

MISIAのバージョン・アップは止まらない
撮影/田中雅也
■MISIA 星空のライヴ8 MOON JOURNEY
2015.05.05(TUE) at 東京国際フォーラム ホールA
(※画像8点)

コンピュータを使わずに、ミュージシャンの生演奏を主体に展開される“星空のライヴ”。MISIAの2015年のスタートとなったシングル『白い季節/桜ひとひら』は生演奏の似合う曲が多く収められているので、今回のツアーは【星空のライヴ8 MOON JOURNEY】となった。

ゴールデンウィークのせいもあって、17時半に開場すると、オーディエンスが次々と東京国際フォーラムホールAに入ってくる。18時になると舞台袖から二人のアコーディオン奏者が現われて、フレンチ・スタイルの演奏を始めたのだった。

二人は舞台から降りて、会場を練り歩きながら爽やかな演奏を繰り広げる。女性客に、プレゼントを手渡す。オープニング・アクトといった堅苦しいものではなく、ライヴが始まるまでのちょっとした “お楽しみ”なのが嬉しい。途中、「つつみ込むように...」のフレーズがアコーディオンで織り込まれると、客席からの拍手がハンドクラップに変わる。音楽好きの多いMISIAの オーディエンスらしい反応だ。この“音楽の遊び心”に、開演前の心が豊かになごんだのだった。

いよいよライヴが始まる。最新シングル「桜ひとひら」でスタートしたライヴは、「陽のあたる場所」などダンサブルなナンバーが並ぶ。これまでの“星空のライヴ”の中で、最もアクティブなオープニングと言っていいだろう。MISIAは序盤から声を全開にして、熱いコール&レスポンスを投げかける。会場は一気に盛り上がり、オーディエンスは立ち上がって身体を揺らし、声とクラップでMISIAのパフォーマンスに応える。いきなりアンコール・クラスの熱気が会場を包む。
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2015年5月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース