VAMPS あり得ないメンツによるフェスと、夢のような瞬間の連続/ライブレポート

VAMPS あり得ないメンツによるフェスと、夢のような瞬間の連続/ライブレポート
撮影/今元秀明、岡田貴之
■VAMPARK FEST
2nd day
2015.02.19(THU) at 日本武道館
(※画像20点)

開演予定時刻ジャストの18時、日本武道館が揺れ始めた。2日目のトップを飾ったのはBuckcherry。ジョシュ・トッドのハスキーな歌声を活かしたザラついたロックン・ロールが、早くもオーディエンスをグルーヴさせまくる。武道館という大きい会場をメンバー本人達も楽しんでいるようで、ジョシュはファンにはおなじみの独特のステップを踏みながら歌う場面も多い。全身タトゥだらけのルックスこそ威圧感たっぷりだが、キャッチーなメロディが貫かれた曲ばかり。それは日本人にわかりやすくもあり、曲のたびに会場の熱は高まっていく。「How Many Crazy Bitches!?」とジョシュの煽り文句に、野郎達も歓声と腕を上げるという壮観な光景も。ここから続いたのは、もちろん「Crazy Bitch」。ボーイという年齢ではないが、BuckcherryはLAのバッドボーイズ・ロックン・ロールをたっぷり楽しませてくれた。

地響きを伴うラウドなサウンドに、ふてぶてしいオーラも漂わせるメンバー、そして刺激的な曲の数々。武道館を灼熱の地へと塗り替えていったのはsadsだ。「あんまりフェスとか出ないんだけど、出たときにはブチ壊して終わるかヒンシュク買うか…それに命かけてます(笑)。だけど今日はVAMPSと世界的に有名な2つのバンドと一緒に出られるということで、珍しくちゃんとやります」と清春。だからってワケじゃないが、ステージが狭く感じられるほどのライヴ・パフォームを決めながらシャウトを轟かせる。かと思えば今度は、曲の世界に入り込んで恍惚とした表情で歌う。激しさも色気も兼ね備えたカリスマに魅了されっぱなしのオーディエンスだ。トドメは「WASTED」。スラッシーでパンキッシュな曲で怒涛の攻め。清春の尖りまくった歌に煽られ、フロアではモッシュも起こるカオスな様相に。sadsの凄みを見せつけるステージでもあった。
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月3日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。