病に倒れたあの日からちょうど2年 星野源の“粋”が華やかに躍動/ライブレポート

病に倒れたあの日からちょうど2年 星野源の“粋”が華やかに躍動/ライブレポート
撮影/三浦知也、五十嵐一晴
■星野 源 横浜アリーナ2Days「ツービート」
2014.12.16(TUE)、 16(WED) at 横浜アリーナ
(※画像13点)

星野源が横浜アリーナで2日間にわたってライヴを開催するということ。そのことは、現行の日本の音楽シーンにおいて希望でしかない。そんなことを深く噛み締めた2日間であった。“弾き語りDay”と銘打ちながらも、舌を巻かざるを得ないアイディアをふんだんに盛り込み、ラストは長岡亮介(ペトロールズ/g)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S/b)、ピエール中野(凛として時雨/dr)、小林創(key)とともに「Crazy Crazy」を奏でるというビッグサプライズまで用意し、オーディエンスを歓喜させた初日。翌日の“バンドDay”に向けてシームレスに橋渡しするその演出力はあっぱれであった。星野はもちろんオーディエンスにはそういった様子は一切見せなかったが、初日は相当なプレッシャーや緊張感と対峙していたであろう。序盤はオーディエンスもどこか身構えているように思えた。そういったムードを少しずつほぐしていく緊張と緩和の手つきがまた素晴らしかったのだ。

一方で、明けて2日目。冒頭から大勢の音楽仲間と自らの歌を共有することが前提にあった“バンドDay”では、開演と同時に実にリラックスしたライヴ空間が広がっていた。長岡、伊藤大地(SAKEROCK/dr)、伊賀航(b)、野村卓史(グッドラックヘイワ/key)、石橋英子(key/Marimba/Fl/Cho)を軸に、楽曲によって9人のストリングスと4人のホーンセクションを加えた豪華な編成で豊潤なアンサンブルを繰り広げた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 星野源 ドラマ
  2. 星野源 ラジオ
  3. 星野源 主題歌
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2014年12月27日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「星野源 + 主題歌」のおすすめ記事

「星野源 + 主題歌」のおすすめ記事をもっと見る

「星野源 + 映画」のおすすめ記事

「星野源 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ゴールデンボンバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ゴールデンボンバー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース