review

ひさびさの爆弾「まれ」98話

朝ドラ「まれ」((NHK 月〜土 朝8時〜)7月21日(火)放送 第17週「究極選択パリブレスト」第98話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:一木正恵
ひさびさの爆弾「まれ」98話
連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック2 音楽 澤野弘之 SMR
「連続テレビ小説 まれ Part2 」NHK出版 7月24日発売予定

3日天下とはこういうことを言うのでしょうか。
徹(大泉洋)のはぶりの良さも、安西(六角精児)の逮捕のニュースによって崩壊。
徹が安西を保証人にして5000万もの大金を借りて会社をつくっていたことに、希(土屋太鳳)と藍子(常盤貴子)は愕然。
「ひさびさの爆弾やわいね、お父さんは」って希のセリフは【今日の、勝手に名言】でした。

こんなとき、司法書士である大輔(柳楽優弥)が、専門的な説明をするキャラとして機能します。
そもそも、この展開を考えて彼にこの職業を設定したのだったら、用意周到。安西も能登に登場したとき、後々また希たちを邪魔する悪役として出そうと思っていたのでしょうかね。

なんだかもったいないですが


「おれは尽くすタイプなの。」と、輪子(りょう)に頼まれたふりしてケーキを買いに行き、希の様子を気にする大輔。徹のピンチも、なんとか助けてくれるといいですが。
「相手がいればどんどん変わっていくのね。」と既に完成されたかと思っていた大悟(小日向文世)が、希と出会って変わってきたことを喜ぶ輪子に、「息子に期待できない分、そういう相手が現れて。」と返す大輔。
偏屈で孤高の天才・大悟のこともこうやってセリフでさくっと済ませてしまってなんだかもったいないですが、そこは考えずに、先の展開に思いを馳せることにします。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2015年7月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まれ

まれ

『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース