review

「夢」とか「がんばる」とか言うだけで「まれ」102話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)7月25日(土)放送 第17週「究極選択パリブレスト」第102話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:一木正恵
「夢」とか「がんばる」とか言うだけで「まれ」102話
「連続テレビ小説 まれ Part2 」NHK出版

夫・圭太(山崎賢人/崎の大は立)を支えるため能登に戻る決意をした希(土屋太鳳)。いったん、横浜に戻り、大悟(小日向文世)に辞めたいと相談すると、美味しいロールケーキをつくれたら許すと課題を突きつけられます。

希はまだ23歳だから〜♪ いったん休んで、よきとこでまた修業を再開しようと当人能天気に考えているようですが、大悟は「そんな甘い世界じゃない」と一喝。10代から修業している者だっているのにいったん休んでしまったら、「パティシエ人生を棒にふる」と苛立つのです。
積み重ねが大事なことは、希もわかっているはず。もともと「地道にコツコツ」が信条だったわけですから。
そういや、希、公務員もすぐに辞めて、パティシエの道に進みました。
公務員→パティシエ→塗師屋の妻 
いま23歳だから高校辞めて5年か6年、その間に直感だけで生きる場所を転々と変えています。どうも言ってる事とやってる事が違う。それは大悟が彼女の過去の発言を振り返って痛烈に指摘しています。

理想をことごとく外す


「まれ」にはもうひとり、希のような人物がいます。
徹(大泉洋)です。
102話、希の生き方をめぐって大悟と男と男の会話をする場面で、3年間の夢があっという間に潰えてしまったことを嘆きます。

あわせて読みたい

  • ひさびさの爆弾「まれ」98話

    ひさびさの爆弾「まれ」98話

  • 新婚なのに大丈夫なのか「まれ」99話

    新婚なのに大丈夫なのか「まれ」99話

  • 私は人妻です「まれ」100話

    私は人妻です「まれ」100話

  • 珍しくツッコミどころがない「まれ」

    珍しくツッコミどころがない「まれ」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年7月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら