review

内山理名の恋と横領「花咲舞が黙ってない」原作との違いを検証する

ドラマでは、恭子は自らも馬場社長に貯金を渡し、さらに1000万もの借金を重ねていた。馬場を恨むどころか、平凡な生活に色を添えてくれたと感謝し、ひとりで罪をかぶろうとする。一方、馬場はというと、恭子が勝手にやったことだと主張。舞を怒りに打ち震えさせる。しかし、じつは馬場はお金目的で恭子に近づいたことが発覚。相馬のリサーチによって、他にも多くの女性と交際し、お金をせびっていた結婚詐欺師だということが明らかにされる。

それにしても相馬さん、いつのまに証拠写真を撮りに行っていたのか。じつは双子だったりするのか、それとも舞のお父さんがひそかにサポートして……と、妄想をかきたてられる。

花咲舞、恋の不完全燃焼エピソードを振り返る


一方、原作小説では、取り押さえられた後の馬場社長は《蒼白な顔で立ち尽くしている》だけ。いたって地味なリアクションだ。そもそも、人柄も《発想は悪くないが商売下手な男》という設定で、結婚詐欺師とはほど遠い(ただし、深紅のベンツに乗っている)。

ドラマの吉川は、けなげなハイミス(死語)といった風情だった。しかし、原作小説のほうは別の要素も加わる。吉川が現金300万円を紛失した罪をなすりつけた相手もまた、馬場とつきあっていたという設定。つまり、恋人への貢ぎものをゲットするのと同時に、恋敵の足も引っ張るという一石二鳥を狙ったのだ。一粒でふたつおいしい、恋のブラック戦略である。

また、未処理の書類をきびきびと片づけ終えると、「行きましょう」と立ち尽くす馬場を促す。そこには男の甘言に振り回され、言いなりになるだけの女の姿はない。でも、彼女が凜と背筋を伸ばせば伸ばすほど、悲しくもなる。

さて、今夜放送の第4話のテーマは「女性行員のストーカー被害」。中越典子演じる融資課の女性の危機を救うべく、舞と相馬が奔走する。それにしても、成宮寛貴はいつ戻ってくるんでしょうか。舞と恋するんじゃなかったのか。今夜10時から!
(島影真奈美)

「花咲舞が黙ってない」レビューまとめはこちら

あわせて読みたい

  • 「半沢直樹」制作陣が再結集、27日放映開始「ルーズヴェルト・ゲーム」の見どころを原作から探る

    「半沢直樹」制作陣が再結集、27日放映開始「ルーズヴェルト・ゲーム」の見どころを原作から探る

  • 相葉雅紀ドラマ「ようこそ、わが家へ」

    相葉雅紀ドラマ「ようこそ、わが家へ」

  • いよいよ最終回「半沢直樹」大ヒットの秘密を原作との違いから徹底検証

    いよいよ最終回「半沢直樹」大ヒットの秘密を原作との違いから徹底検証

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年7月29日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「きょうは会社休みます。」のニュース

    次に読みたい関連記事「きょうは会社休みます。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「怪盗山猫」のニュース

    次に読みたい関連記事「怪盗山猫」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    花咲舞が黙ってない

    花咲舞が黙ってない

    「花咲舞が黙ってない」は池井戸潤の小説が原作のテレビドラマ。2015年夏から第2シリーズが放送されている。大手銀行を舞台に、花咲舞(杏)と上司の相馬健(上川隆也)のコンビが全国の支店でトラブルを解決する。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら