review

早実・清宮は男ウケする怪物タイプだが、高校野球に“ルックス”という観点が加わったのはいつからなのか

       
きょう8月6日、阪神甲子園球場で第97回全国高等学校野球選手権大会が開幕する。1915年に全国中等学校優勝野球大会として始まったこの大会は、今大会で100周年の節目を迎えることになる。

100年の記念大会を前に、早くも注目を集めているのが西東京代表・早稲田実業(早実)の清宮幸太郎だ。ラグビー・トップリーグのヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸を父に持つ清宮は、リトルリーグ時代から強打者として実績を残しているだけに、1年生ながら甲子園でも活躍するのではないかともっぱらの評判である。

早実・清宮は「アイドル」か「怪物」か


その清宮、校内では女子生徒によって親衛隊が結成されたとの報道もあったが(ソースは東スポ)、どちらかといえば彼は女性ウケするアイドルタイプというより、男ウケする怪物タイプではないだろうか。

歴史をひもとけば、かつて「甲子園の星」というと、尾崎行雄(浪商、大阪)にせよ江川卓(作新学院、栃木)にせよほとんどが怪物系の選手だったが、1970年代半ばにある選手の登場によって「甲子園アイドル」というカテゴリーが確立された……と指摘するのは、小野祥之・「野球太郎」編集部著『高校野球100年を読む』(ポプラ新書)だ。
早実・清宮は男ウケする怪物タイプだが、高校野球に“ルックス”という観点が加わったのはいつからなのか
小野祥之・「野球太郎」編集部『高校野球100年を読む』(ポプラ新書)

ある選手というのは、現・読売ジャイアンツ監督の原辰徳である。本書によると、現在も日刊スポーツ出版社より発行されている雑誌『輝け甲子園の星』の創刊号(1975年)では、当時東海大相模(神奈川)の2年生だった原が表紙を飾ったほか、誌面の多くが彼の特集で占められ、大きなポスターまでついていたという。本書いわく

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。