bit

Instagramフォロワー3万人! 米で話題の「オレオ・アート」とは

Instagramフォロワー3万人! 米で話題の「オレオ・アート」とは

昭和だったら、母や祖母から「食べ物で遊んだりしちゃ駄目」「食べ物を無駄にしないで」という声が聞こえてきそうだが、米国のメディアでセンセーショナルに取り上げられているのが「オレオ・アート」。
そして、オレオ・アートをはじめ、身近に手に入りやすい材料を使用することで、食べられるアートをInstagramに次々アップしているのがティシャ・チェリーさんだ。
インスタフォロワーはなんと30,000人以上!

昼間は看護師、そして仕事が終わるやいなや、フードアーティストなるもう一つの顔を持つティシャさん。

オレオはねじって上下を別々にして食べるという彼女。「片面のクリームの付き具合がどう見てもナイキダンクに見えた」というキッカケでオレオ・アートを始めたという。素人とは思えない芸術センスの持ち主だ。

オレオ・アートの作り方


作品に使うツールは、つまようじが大部分を占め、箸やフルーツナイフなど全てがキッチンにあるもの。
テクニカルなスキルなどは特にない、と言い、色々な部分を一つにまとめるのがティシャさん風アートセオリーだ。米国では季節のイベント毎に、期間限定のクリームの色がカラフルなオレオが発売になり、その時に買っているそう。

食べる事も大好きだし、ポップカルチャーやストリートアート、音楽も大好き。これが一緒になってインスピレーションにもなっていると言う。
もしかしたら自分もできちゃう? と思わせる素朴な要素も、米国人に受けている理由かもしれない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク