review

日本の人びとは永久に戦争を放棄する「日本の憲法」を柴田元幸が訳すとこうなる

8月6日は広島に原爆が投下された日。
8月9日は長崎に原爆が投下された日。
8月15日は終戦の日。
戦後70年の終戦の日を迎えるにあたり、平和への思いをあらたにしたい――。
そんなわたしやあなたに、ちょうどいいタイミングで最適な本が出ました。

『現代語訳で読む 日本の憲法』
日本の人びとは永久に戦争を放棄する「日本の憲法」を柴田元幸が訳すとこうなる

近年は古典の新訳ブームであって、
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』が大ヒットしたり、
海外文学のみならず日本の古典文学を現代作家が翻訳する『池澤夏樹=個人編集 日本文学全集』が刊行されたりと、新訳が活況を呈してますが。

ここにきて、日本国憲法の登場。
しかも訳者は、柴田元幸さん。ご存じアメリカ文学の翻訳家です。
これはもう読まずにはいられない! というわけで、さっそく読みました。

何といっても気になるのは、憲法第9条です。

柴田訳版。

第2章
戦争の放棄
第9条 
正義と秩序にもとづく国際平和を心から希(ねが)って、
日本の人びとは永久に戦争を放棄する。
国として戦争を行なう権利を放棄し、
国同士の争いに決着をつける手段として
武力で威嚇(いかく)すること、
また武力を行使することを放棄するのである。

(2)前段階で述べた目的を達するため、
陸軍、海軍、空軍、その他いっさいの戦争能力を、
日本は絶対に維持しない。国の交戦権も認めない。


その英文版。

CAPTER II
RENUNCIATION OF WAR
Article 9
Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.
In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

あわせて読みたい

  • 決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

    決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

  • 『変身』の主人公は毒虫に変身したのか

    『変身』の主人公は毒虫に変身したのか

  • 誰でも参加できる授賞式、日本翻訳大賞

    誰でも参加できる授賞式、日本翻訳大賞

  • 良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

    良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年8月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース