review

日本の人びとは永久に戦争を放棄する「日本の憲法」を柴田元幸が訳すとこうなる

そして、正文。
第2章
戦争の放棄
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
(2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



翻訳の元になっている日本国憲法英文版は、日本国憲法が発布された1946年11月3日に、
「英文官報号外」に掲載された「The Constitution of Japan(日本の憲法)」です。
当時の日本は、「Occupied Japan(連合国軍占領下の日本)」ですから、
官報は日本語と英語、両方で出されていたのでした。

この本には、柴田訳版、英文版、正文の3バージョンが収録されています。
柴田訳版のわかりやすいことばで、すんなり意味を理解してから、
あらためて正文を読むと、ぐっと内容が身近に感じられます。
でも、正文は正文で、いいんです。厳粛な日本語に、すっと背筋が伸びます。
そして意外にも、英文版がすごく響いてきました。
なんというか、英語で読むのが、いちばんタイムラグがない感じがする。
世界に向かって「日本は平和を希求する国に生まれ変わります」と宣言している、
その瞬間に立ち会っている感じがするのです。

これはチャント(祈りのことば)なのだ


「前文」は、柴田訳版だと、こうなります(「前文」より一部抜粋)。
私たち日本の人びとは、永久の平和を希(ねが)い、人間同士をつなげている貴(とうと)い理想を胸に刻む。平和を愛する世界の国ぐにの人びとの正しさと誠実さに信を置くことによって、自分たちの安全と生命を護(まも)っていこうと私たちは決意した。

あわせて読みたい

  • 決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

    決定第1回日本翻訳大賞は韓国とチェコ

  • 『変身』の主人公は毒虫に変身したのか

    『変身』の主人公は毒虫に変身したのか

  • 誰でも参加できる授賞式、日本翻訳大賞

    誰でも参加できる授賞式、日本翻訳大賞

  • 良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

    良い翻訳とは?第1回日本翻訳大賞授賞式

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年8月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら