ポルノグラフィティ メジャーデビュー15周年を締めくくり、16年目を踏み出す記念的ライヴ

ポルノグラフィティ メジャーデビュー15周年を締めくくり、16年目を踏み出す記念的ライヴ
■13thライヴサーキット “ラヴ・E・メール・フロム・1999”
2014.03.02(SUN) at 横浜アリーナ
(※画像8点)

開演前からライヴへの期待感ではちきれんばかりの場内。そんな中、冒頭に15周年を振り返るコミカルなテイストのヒストリー映像が流されたあと、サポートメンバー、そしてポルノグラフィティの二人が登場。まず「青春花道」で公演スタートだ。続けて「ミュージック・アワー」。恒例の“変な踊り”でみんなの気持ちを一つにしていく。個人的には東京ドーム以来、約4年半ぶりのライヴだったのだけれど、そんな久しぶり感なんて一気に吹き飛ばしてくれる変わらない楽しさは、いつでも手を広げて観る側を歓迎してくれているようで、とてもあたたかな気持ちになる。4曲を終えて挨拶代わりのMCをしたあとは、「青春花道」のカップリング曲「エピキュリアン」へ。夜の街並みのCGが煌めき、曲の疾走感を増幅し、心を沸き立たせる。

それにしても、ステージと客席の繋がり方の絶妙さが、ライヴのそこここに感じられて高揚感を煽る。見せる側のさらけ出し感を、観る側がしっかりと受け止めているというか、ポルノの歌が大好きで、心底楽しんでるというのを全身で表現しながらステージを支えている感じが、何とも胸にくるのだ。昭仁、晴一、二人の本当に楽しそうな表情もそれに裏打ちされている気がする。こんなファンの人たちがいるからこそ、今のポルノが在るんだな、と改めて知らしめてくれる光景に、心がじわりと熱くなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ポルノグラフィティ ライブ
エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2014年3月31日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事

「ポルノグラフィティ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュース

次に読みたい関連記事「Superfly」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「GLAY」のニュース

次に読みたい関連記事「GLAY」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース