review

天才か狂人か、真理探求マンガ『ロジ・コミックス』

       
『ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門』
なにやら難しそうなタイトルだが、マンガである。
おっさんが出てきて「おっと失礼!」などと読者に向かって話しかけてくる。
この人が著者のひとりアポストロス。
数理論理学の専門家クリストスに会いに行くところからはじまる。
さらにアーティストの二人アレコスとアニーが登場する。
全員、このマンガ制作の中心人物だ。
どういうマンガにするか、ミーティングをはじめる。
天才か狂人か、真理探求マンガ『ロジ・コミックス』
『ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門』(アポストロス・ドクシアディス/クリストス・パパディミトリウ/アレコス・パパダトス/アニーディ・ドンナ/松本剛史訳/高村夏輝監修/筑摩書房)

描かれるのは1939年9月1日、ヒトラーのポーランド侵攻の日。
世界大戦の秒読みが始まっている……。
主役は、バートランド・ラッセル。
9月4日、大学に到着し、講演をはじめる。
20世紀を代表する哲学者にして、数学者・論理学者。
とはいえ、彼のことをまったく知らなくてもだいじょうぶ。
彼が語るのは、自分の半生だからだ。

父方の祖父の家で暮らすことになったラッセル少年。
深夜に聞こえてくる呻き声。
「この不気味な呻き声の正体は何か、それが私の人生最初の謎となりました」
演台で語るラッセル卿。
呻き声の正体を探るが、誰も知らないという答えしか返ってこない。
立入禁止の多い家。
禁断の書物があるという巨大な書斎。
差出人不明の謎の手紙。
地下の納骨堂。
ゴシックホラーなスタートで、物語にぐっと惹き込まれる。
そして序幕のラスト、衝撃のシーンで本書のテーマが鮮烈に示される。
狂気から逃れるために真理探求に情熱をそそぐのか。
真理探求に深入りしすぎたために狂気へと導かれたのか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。