bit

グローバル化する「漂着ゴミ」 清掃を続ける沖縄の離島の子どもたち

気付けばもう八月も後半。
今年何も夏らしいことをしていなければ、思い出つくらなきゃと、クラゲを気にしつつも気持ちはビーチへと向かってしまうというのが人情というもの。
今年ひときわ元気にギラつく太陽に海の家、そして開放的になった人、人、人。自然とテンションは上がり、やっぱ夏サイコー! テキーラ! とゴキゲンになりたいところ。

でも人が集まれば自然と出てしまうのがゴミ。あえて海を汚そうという人は少ないだろうが、気付けばそれなりにゴミは出てしまう。

「夏はタバコの吸い殻と花火のゴミが増えますね」というのは茅ヶ崎の海岸でビーチクリーンを行っている地元ボランティアの人。

近年環境意識の高まりによって、茅ヶ崎に限らず日本全国でビーチクリーンが行われている。自治体が主催することもあれば、NPOや有志によるものもある。
グローバル化する「漂着ゴミ」 清掃を続ける沖縄の離島の子どもたち
現在、様々な自治体、NPO、有志がビーチクリーンに取り組んでおり、海辺に住む人には当たり前の光景になってきている。行楽で海を利用するときはゴミを出さないようにし、目についたゴミは拾うようにしよう!

そうしたビーチクリーンの団体の中には、夏だけでなく通年で活動を行うところも多い。ビーチは海水浴客が訪れない冬場でも汚れるのだ。

その謎を解くキーワードは漂着ゴミ。
漂着ゴミとは、文字通り海のゴミが漂着して浜や岸に打ち上げられるものだ。

一日520袋分の漂流ゴミが上がる沖縄・宮古諸島


「沖縄の宮古諸島の漂着ゴミは推計で年間725トンに及びます」

そう教えてくれたのは、ニューヨーク在住のドキュメンタリー映画作家の佐竹敦子さん。佐竹さんはニューヨーク市国際映画祭で最優秀短編ドキュメンタリー賞受賞を始め、世界中の映画祭で高い評価を受けている
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク